まつエクで女子力向上|メイク技術によって目元の印象UP

加齢によるほうれい線を解消

ほうれい線は一度できたら消すことより隠すこと

ほうれい線は頬のたるみによってできます。それを消すことは難しいため隠すことが良いです。今は化粧品で隠すことができます。それは工夫次第です。具体的にはファンデーションを厚塗りするのではなく、光の反射を活用することです。ファンデーションをしわ隠し用を選びます。光の反射でしわの見え方を変えてくれます。次にチークでも工夫すれば隠すことができます。チークをほうれい線に対して垂直に斜め上に入れます。これで顔に上に注目されやすくなります。パールタイプの粉化粧品を持っていればハイライトとして使用することで影を無くすことでよりほうれい線が目立たなくなります。ほうれい線は乾燥肌ができやすいと言われていますので、保湿化粧品を使用することも工夫の一つです。洗顔後すぐに保湿化粧品を使用します。

筋トレとマッサージがトレンドです

化粧品でほうれい線を隠すことはできます。それ以外にも少しずつ目立たなくする方法があり、今はトレンドになっているのが筋トレとマッサージです。頬の筋トレがあり、オーの口にして頬の筋肉を上げます。表情が柔らかくなりほうれい線も少なくなります。マッサージは口を閉じた状態で舌を歯茎に沿って動かします。右と左にゆっくりと舌を回します。次に現在は紫外線やストレスがほうれい線の原因になっていると言われています。昔は年齢が原因と言われましたが、今はそれだけではありません。紫外線防止の化粧品を日々使用することでも変わってきます。またコラーゲン減少も抑えなければいけません。ビタミンCが有効です。飲酒するとビタミンが失われるため控えめにするべきです。今のほうれい線対策は年齢だけが要因ではなく多方面に注目し、上記のような方法がされています。

このエントリーをはてなブックマークに追加